西新宿への移設 その④「歩道完成!整備の実施」

コロナウィルス禍による緊急事態宣言を受けて延期となっていた当自習室の歩道工事ですが、宣言後の6月1日に現場確認をすると、写真のように雑草が伸び放題の状況になっていました。

今後もどのような情勢になるかはわかりませんが、少なくとも大学生の活動自粛期間があけるであろう8月後半に再開室を予定するならば、梅雨で土がぬかるむことを考慮に入れつつ、暑さが本格化する前に対策を行う必要があります。

ただ、宣言解除から数日後に都知事により改めて発信された「東京アラート」の影響もあり、作業をしてくださるボランティアが集まるかどうかも含めて悩ましい判断ではありましたが、いざとなったら一人ででも作業すれば良いだろうと腹をくくり、作業を実施することにしました。

✅ 物資購入・調達and運搬

当塾の学生講師で、室内製作時にも主導的な役割を担ってくれたメンバーの一人であるかずや先生は早稲田大学の建築科に在学中の学生なのですが、3月時に歩道の設計をお願いしたところすぐに上記のようなイラストを描いてくれていたため、前回の記事にも書きましたがこのイメージに準じて購入予定の資材を公開し、寄付を募集させいていただきました。

残念ながら目標金額には到達しませんでしたが、M.M様やK.Y様からご寄付をいただくことが出来たこと、それから使わない砂利があるよと声かけしてくださったH.M様のご厚意をいただくことが出来たため、なんとか前日〜土曜の早朝にかけて600kgほどの物資を調達し、現場に運ぶことが出来ました。

✅ 作業1日目

草刈機で刈り取ってから、全員写真を慌てて撮影しました。^ ^

人が十分に集まるかと言う心配をよそに、初日9時半から集まってくれたメンバーは私を含めれば5人。作業量に対して、十分な人数です。

構成は、塾の学生講師で今回の歩道設計をしてくれたかずや先生、同じく社会講師のくま先生、団体青年理事の慎也君にスポンサー企業の一つでもある㈱NAKAMURA社長の中村社長。

「午後からの雨が降る前に、作業を終わらせましょう!」と宣言をする必要もないほどに優秀なメンバーだったからでしょう。

パレートの法則が発動しない状況のまま作業は予想以上の速さで進み、
①草刈り&草取り&荷卸
②位置決め&土の掘り起こし
③レンガ埋込
④手作業による地均し・叩き
⑤水で固まる砂利の敷設・均し・水まき
と言った流れの作業を、なんと午前中だけで終わらせることが出来ました。

水で固まる砂の硬化時間は夏場で約1日必要なため、ランチ後に2回目の水やり作業をしてすぐに、この日の作業を終わらせることにしました。

✅ 作業2日目

残る玉砂利敷設はそこまでの人数と時間が必要ではないとわかった私は、参加を表明してくれていた白木さんと団体会員の小池君にご遠慮をいただいた上での人数調整を行い、かずや先生・くま先生・中村社長のほか新たに学生講師のこうへい先生と団体会員の福ちゃんを加えた計6人のメンバーで2日目の作業を行いました。

頂き物の砂利を一層目に敷いた後、購入した玉砂利を敷き詰めたのですが、若干玉砂利の量が足りない印象はありつつ、ビフォアアフターを見てもおわかりいただける通り、愛の込もった歩道を完成させることが出来ました。

関係各位の皆様には、この場を借りて心より感謝をしたいと思います。

本当に、ありがとうございました!

今後の課題は、内部の滅菌方法について、ですが、油断せずにこれからも「子ども達にとっての最善」を尽くしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です